Skip to main content

TOP  事務所案内  取扱業務  アクセス  よく寄せられる質問  お問い合わせ   
家 族 > 遺言作成サポート > 相続手続 > 各種許認可手続 > 契約書・内容証明等 > 外国人サポート > 車庫証明 > 農地法に基づく許認可 >  

 お問い合わせ・メール  

 

 

 

 

 取扱業務  

 

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター 

 

 

 

 

 アクセス 

            

 

 成年後見制度,生前の贈与,離婚協議書 

 

 

成年後見制度を利用したい

成年後見制度は認知症の方,知的障がいのある方など,判断能力の不十分な方々の日常生活をご本人の意思を最大限に尊重しながら保護や支援をしていく制度です。

 

判断能力が低下すると,介護施設を利用するための契約,医療・入院契約などの法律行為,現金や預金通帳の財産管理,不動産の管理・処分などを自分ですることが困難になります。また,悪徳商法や強引なセールスの被害に遭わないかと不安になったりすることがあります。

 

成年後見制度では,後見人等がこのような方々のために代わりに預貯金通帳,印鑑の管理,居住用不動産の維持・管理,日常生活での金銭管理,その他の財産の維持・管理・処分など財産管理を行い支えていきます。

 

また,後見人等は医療に関すること,住居の確保に関すること,施設の入退所,処遇の監視等に関すること,介護・生活維持に関すること,教育・リハビリ等に関することなど身上監護を行い支えていきます。

 

【対象者】

認知症・知的障がい・精神障がい等の精神上の障がいによって判断能力が減退し,財産管理等の法律行為を行うことに支障をきたしている方

 

【手続】

申立人(4親等内の親族・市町村長など)による申立てに基づいて,家庭裁判所が法定後見等の開始及び法定後見人等の決定の審判を行います。

 


【業務内容】

 成年後見制度の利用相談

◆ 成年後見人・保佐人・補助人等の受任

 成年後見人・保佐人・補助人選任の際の相談

任意後見契約を検討したい

任意後見契約とは,あらかじめ十分な判断能力があるうちに,信頼することができる方と代理権等の内容を決定し,契約しておく契約です。

 

【対象者】

判断能力に問題がなく,締結しようとしている任意後見契約等の内容が理解でき,当該任意後見契約等を締結する意思がある方

 

【手続】 

判断能力が減退した際の任意後見人(任意後見人受任者)と代理権等の内容を決定して,公証役場において公正証書で契約をしておきます。

 


【業務内容】

 公正人役場で作成する任意後見契約の素案の作成
 任意後見人・任意後見監督人の業務 

生前贈与をしたい

【業務内容】

相続人調査,親族関係説明図作成,贈与契約書作成

離婚協議書を作成したい

離婚後の争いが発生すると予測される内容を明確に文書にして、最終的なご夫婦の合意を書面にすることや、夫婦の一方から離婚協議書<案>の作成のご依頼を受けて書類の作成をします。

 


【業務内容】

離婚協議書作成に向けた事前相談 

離婚協議書作成のために必要な事項をお聞きいたします。 
 

離婚協議書,離婚協議書<案>の作成 

ご夫婦にとって適切な離婚協議書を作成いたします。

 

離婚協議書作成支援業務(公正証書による場合)

 

相手方への交渉,説得,夫婦間の仲裁などは出来ません。

これらが必要な場合は,連携した専門家をご紹介させていただくことになります。

 

 

 表行政書士事務所 〒729-3422 広島県府中市上下町国留504番地1  TEL.0847-62-4330